クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2010年06月

ポイント交換サービス

ブログネタ
ポイント交換サービス に参加中!


ポイント交換サービスについてあれこれ

 


あちこちのお店でポイントが貯まっているけれど、どのポイントも


欲しい特典に交換するほど、ポイントが貯まらない。


といった経験をだれもがしているのではないでしょうか。

 

数十円分、数百円分のポイントが、バラバラに貯まっても、


大の大人が欲しいような特典は、たいてい用意されていません。

 

最近では1ポイント=1円として、1ポイントから値引きに


充当できるサービスが、増えてきました。


ネットショッピングモールは、1ポイント=1円として値引きに


利用できるので、無駄なく使えます。


又 家電量販店でも1ポイント=1円として利用できるので、


無駄が出ません。


家電やパソコン等の電気製品だけでなく、自転車やバッグなど


さまざまな商品が、そろっています。


それにしても数十円分、数百円分の値引きを受けても、実際のところ


あまり嬉しさを、実感できないでしょう。


そこで役に立つのが、ポイント交換サービスです。

 

 

ポイント交換サービスPeX(ペックス)では、ポイントを一つにまとめて、


お好みのサービスや現金、電子マネー、マイレージに交換・移行できます。


ポイント交換サービスPeX(ペックス)への交換の仕方は


PeX(ペックス)ホームページの、無料会員登録で手続きできます。


あちこちのお店でバラバラに貯まったポイントも、ポイント交換を


利用してひとつのポイントにまとめれば、数千円、数百円相当の


ポイントになります。

 

この金額であれば、最新の家電やケータイ端末と交換してもよし、


レストランでの食事や旅先の宿泊代にしても良しと、欲しいものが


がぜん視野に入ってきます。

又 最近では提携店舗同士なら、どこでも利用できる、


共通ポイントというのも出て来ました。


いずれにしても最終的に、ゴールトにするポイントをひとつに集めれば


全てを加算され、大きくなるということです。

クレジットカード、国際ブランドについて

ブログネタ
クレジットカード、国際ブランドについて に参加中!

クレジットカード、国際ブランドについてあれこれ詳しく

 

国際ブランドとは、Visa、JCB、などでカードですが、

 

Visa、MasterCard、JCB、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレスが、


5大国際ブランドと、言われています。




クレジットカードを申し込むとき、国際ブランドはどこにしますか?と


よく聞かれますが、聞きなれない言葉でとまどいますが、


一般のクレジットカードは、カード発行会社と、提携企業によって


発行、運営されています。



例えば、高島屋のタカシマヤ(セゾン)カードであれば、


クレディセゾンがカード発行会社で、高島屋が提携会社ですが、


海外で使ったり、クレディセゾンの加盟店以外でも使うためには、


世界中に加盟店ネットワークを持つ、国際ブランドが不可欠です。




国際ブランドは、それぞれ歴史と伝統があり、強い分野が違うので、


用途にあったブランドを、選ぶことが大切です。




又 店によってそのブランドの加盟店でないこともあるので、


クレジットカードを複数持つなら、1枚目をVisaカードにすれば、


2枚目はMasterCardにしたりすると、使い勝手が広がりやすく


ポイントも貯まりやすいです。

 

 

JCBは、日本の会社が発行する唯一の国際ブランドになります。


日本国内では最も加盟店数が多いカードですが、海外での普及は


他のカードに遅れています。


 

Visaカードは、MasterCardと並び、世界で最も加盟店の多い


カードです。



ダイナースクラブカードは、世界で最初に登場したといわれる


国際ブランドで、その伝統と誇りがこのブランドの特徴です。




アメリカン・エキスプレスは、海外旅行好きに選ばれることの多い


ブランドで、世界中にトラベルオフィスを持ちます。



JCBと加盟店業務を提携し、日本国内の加盟店も


日々拡大しています。

 

 

 


 

クレジットカード、一般とゴールドの、どちらのカードを選びますか

ブログネタ
クレジットカード、一般とゴールドの、どちらのカードを選びますか に参加中!

クレジットカード、一般とゴールドの、どちらのカードを


選びますかについてあれこれ。

 

クレジットカード、一般とゴールドのどちらのカードがいいのでしょうか。


クレジットカードにはポイントサービスや付帯サービスが用意されていますが、


その内容はカードによって千差万別です。


ゴールドカードのメリットは、ステータスと付帯サービスです。

 

海外でのホテルでもゴールドならではの信頼感があり、一般のカードとは、


ひと味違うサービスが、受けられることもあります。

 

さらにゴールドカードは、海外旅行傷害保険の充実や、空港ラウンジの


無料利用など、ワンランク上のサービスが期待できます。


ゴールドカードのデメリットは、誰でも持てないことがあります。


入会に年齢や年収に、厳しい条件が付く事です。

 

 

又 年会費がかかることが多く、クレジットカードによっては


1万円以上もするカードもあります。


ただし、最近は年齢、年収の条件がややゆるく、年会費も数千円で


持てる新スタイルの、ゴールドカードが出始めています。


又 イオンカードのように年間利用100万円以上で、ゴールドカードに


切り替わるカードもあります。


ボーナスポイントなどの、プラスが大きいゴールドカードを、



普段、使うカードにして、



サブカードを、普通のカードにするなど、


組み合わせを考えながらカードを選ぶのも一つの方法です。

 

 

 

 

クレジットカード、年会費無料と有料のどちらのカードを選びますか

ブログネタ
クレジットカード、年会費無料と有料のどちらのカードを選びますか に参加中!

クレジットカード、年会費無料と有料のどちらのカードを


選びますかについて詳しく。

 

クレジットカード、無料と有料のどちらのカードがいいのでしょうか。


クレジットカードにはポイントサービスや 付帯サービスが


用意されていますが、その内容はカードによって千差万別です。



何らかのメリットがありますので、有料になっていると思います。

メリットが同じなら、有料にする意味がありません。


それも、個々のカード会社よって違います。



例えば、年会費有料のクレジットカードでなければ


利用できないサービス、例えば空港ラウンジサービスがあります。


年会費は、永久半額、や3150円、1312円などいろいろあります。


年会費を考慮しても、キャッシュバックがあったり、ポイント還元率が


高いものもあります。


実際、K-Powerカードなんかは年会費1575円ですが、


1ヶ月で3000円、キャッシュバックされることもあるくらいです。


 


有料であっても、ポイントカードや付帯サービスが充実していれば、


無料のカードよりも、お得なケースがたくさんあります。



反対に、無料のカードでも、中途半端な有料カードよりも


サービスが、充実しているカードもあります。

 


通常有料のカードは海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険が


ついていたり、年会費有料のクレジットカードのほうが補償額が


大きいことが多いです。




ポイントの付き方が多かったり、キャッシングの金利が低かったりします。




年会費無料カードよりも、ポイントや会員サポートのサービスが


充実しているものです。



有料カードを持っている人は、入会時の資料を調べ直すかHPでみて、


なにがメリットなのか、確認してみて下さい。



その上でなにもメリットがなければ、好きな無料のカードを


選べが良いと思います。




初年度は無料であっても、2年目以降に会費がかかるものもあります。



年会費だけにとらわれずに、サービスの内容も考慮に入れたうえで、


自分にとってベストナカードを、持つのがいいでしょう。

 

クレジットカードであれば、どこで支払っても共通のポイントが貯まります

ブログネタ
クレジットカードであればどこで支払っても共通のポイントが貯まります に参加中!

クレジットカードであれば、どこで支払っても共通のポイントが


貯まりますについて詳しく。

 


あちこちのお店で、ポイントが貯まっているけど、どのポイントも


欲しい特典に交換するほど、ポイントが貯まらないといった経験を


誰もがしているのではないでしょうか。




そこで、最終的にまとめるゴールとしての、ポイントサービスを一つ決め、


そのゴールに決めた、ポイントサービスが貯まる店、サービスを


意識して利用するように、消費するのが大切になってきます。

 

 

クレジットカードなら、1店舗でしか貯められないスタンプカードや


ポイントカードと違い、スーパーでもドラッグストアーでも、はたまた


地域の美容院でも、クレジットカードの加盟店であれば


どこで支払っても、共通のポイントが貯まります。

 

即ち、ポイントが非常に、貯まりやすい仕組みになっています。





さらに、特定の店舗の商品やサービスに限らず、ポイントの特典に


様々な商品、サービスが用意されているのも魅力です。

 

ファッションや、デジタルグッズ等の商品はもちろんのこと、


各種商品券やホテルの宿泊券、レストランの食事券など、


特典内容は、実に多岐にわたります。


 

航空マイレージや店舗のポイント、電子マネーに交換することも


可能です。





このようにポイントをより広く獲得し、より広く使うために


クレジットカードは不可欠です。




ポイント獲得から見た、良いクレジットカードの条件は、


ポイントが貯まりやすい、交換しやすい、使いやすいことになります。

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ