クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2010年07月

家電量販店のクレジットカードは、高い還元率が魅力です

ブログネタ
家電量販店のクレジットカードは、高い還元率が魅力です に参加中!

家電量販店のクレジットカードは、高い還元率が魅力ですに


ついてあれこれ詳しく


家電量販店は、商品の一点当たりの買い入れ価格が高くなり、


ポイントも、貯まりやすいのでおトクです。


 

ただ、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビッグカメラ等では、


一般のクレジットカードで支払うと、現金払いよりもポイント還元率が


2ポイント、下げられてしまいます。


その点、


ヤマダLABIカードや、ヨドバシカメラゴールドポイントカードICeLIO、


ビッグカードSuicaカードであれば、クレジットカードでも、


現金払いと同等の、ポイント還元率が適用されるので魅力です。




なかでも、ヨドバシカメラゴールドポイントカードICeLIOは、


現金払いに1%上乗せした還元率が、適用されるBIP優遇ぶりです。



 

又 このような家電系クレジットカードを、持たなくても、


EdyやSuicaに、クレジットチャージして使えば、


クレジットチャージによるポイント、家電量販店のポイント、


さらにEdyであれば、Edy払いによるポイントも加算され、


ポイントの、3重取りが可能です。




ただし電子マネー1枚に、チャージできる金額には上限があり、


Edyは5万円、Suicaは2万円まで、それ以上の価格の場合、


現金やクレジットカード等、別の支払い方法と


組み合わせることになります。




さらに、店舗とネットのポイントの、共通化を薦めます。



ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビッグカメラのポイントを、


積極的に貯めるなら、店舗とネットのポイントを


共通化しておくと、有利です。




共通化するには、一回、店頭での手続きが必要ですが、


これを済ませておけば、店舗で貯めたポイントをネットで使え、


レシートでしか確認できなかった、ポイントの有効期限も、


いつでも確認できるので便利です。

 

 

 

スーパー系クレジットカード マツモトキヨシ 丸井カード 青山カード OMCカード

ブログネタ
スーパー系クレジットカード に参加中!

スーパー系クレジットカード、マツモトキヨシ 丸井カード、
 

青山カード OMCカードのいろいろ





多くのスーパーでは、ポイントが2倍、又5%以上の


割引きになるなどの、サービスデーを設けています。



この日を狙って、買いだめできるものは、まとめ買いしましょう。




5%の割引き日に、毎月2万円のまとめ買いすれば、


1000円の節約になり、1年で12000円、


ポイント還元分を、入れるとそれ以上になります。





ドラックストアーのマツモトキヨシでは、毎月1日と2日なら


チェーン化粧品(資生堂・カネボウ・コーセー・花王ソフィーナ・


マックスファクター)購入で、ポイント10倍セールがあり、


お気に入りの、ブランドの化粧品を狙って買いましょう。




他に対象化粧品10%OFFや、カード利用額に応じた


商品券プレゼントがあります。

 

おしゃれな服飾雑貨を、多くそろえた丸井では、


現金ショッピングなら、1000円で1ポイント付きますが、


丸井でのカード利用なら、1000円で2ポイント付きます。




各種ギフト券への交換、丸井でのショッピング割引、


他社ポイントへの、移行も可能です。




ビジネススーツ中心の、青山にはショッピングで5%割引、


クレジット決済105円で、1ポイント付きます。




青山カード、誕生日と翌月は10%割引きで、


ポイントも2倍付きます。



洋服の青山では、100ポイント=105円として利用可能です。




OMCカードはポイント付与率は200円=1ポイントですが、


ダイエー、マルエツ等で、毎月1日と毎週木曜日ポイントが2倍になり、


毎月第2、第4日曜日に5%OFFになります。






年会費1050円かかりますが、年間利用金額に応じて


次年度のポイント付与が、アップします、トクトク!ステージサービスが


あります。

50万円単位で0.2倍ずつ増えていくしくみで


50万円では1.2倍、250万円では2倍となります。

50万利用して、次年度も50万円に達すると、トクトクボーナスも


加わるので3100ポイントになり、還元率は0.62%です。




同様に150万円の場合では0.82%になります。

それ以外に、年間利用金額、50万円ごとに


100ポイント加算の、トクトクボーナスがあります。

 

スーパー、流通系クレジットカード、イオンカード、アイワイカード

ブログネタ
スーパー、流通系クレジットカード に参加中!

スーパー、流通系クレジットカード、イオンカード、


アイワイカードについてあれこれ


毎日の食料品や台所用品の必需品も、積み重ねると


バカにできない金額になります。




スーパー系クレジットカードのポイント還元率は0.5%と


高くありませんが、100円~200円ごとポイントが


加算されるものが多いので、少額でもポイントを稼ぐことができます。




貯まったポイントも、1円から使えたり、少額の商品券に


交換できたりと、使いやすいカードが多いのが特徴です。


ジャスコやダイエー、イトーヨーカドー、西友では、生鮮食品や


日用品など、店に並ぶほとんどの品を配送するネットスーパーを


展開しており、ここでもクレジットカードによる決済が可能です。


割引価格もほとんどそのまま、いつでも注文できるので、


忙しい日や雨の日などに便利です。



イオンカードは、 200円で1ポイント ジャスコ、サティ、ビブレ等で


毎月20・30日 5%OFFです。


毎月5、15、25日にポイント2倍、ペットショップ、旅行代理店、


ときめきポイントプレミアムクラブ優待加盟店での利用で、ポイント2倍


1000ポイント=1000円から500ポイントきざみで


商品券やギフト券と、交換可能です。


交換可能な相手は、JAL、NTTドコモ、WAONポイントです。


アイワイカードは、 年会費は500円で初年度は無料ですが、


イトーヨーカドー、エスパ、ヨークマーク、ロビンソン百貨店、


オッシュマンズでの買い物で、100円=1.5ポイント、


一般加盟店は200円=1Pです。




毎月第3日曜日、イトーヨーカドー、エスパ、ネットスーパーで衣料品、


住まいの品が、5%割引ショッピングセンターアリオ、ダック引越センター、


オッシュマンズ等で、料金割引等のサービスがあります。




ポイントの特典はイトーヨーカドー等での割引き、各種商品への


交換になります。




また 交換可能な相手はANA、nanacoポイントです。

百貨店カードの魅力はなんですか

ブログネタ
百貨店カードの魅力はなんですか に参加中!

百貨店カードの魅力はなんですかについてあれこれ

よく行くデパートがあれば、カードを契約しよう。



高価な商品を購入する場合、その高い還元率は魅力です。


5万円の商品を買うとすると、平均的なポイント還元率5%で


2500円もトクします。



カードを使わずに現金で購入する場合よりも、2500円も


クレジットカードで支払えば、恩恵があるわけです。


高島屋のように還元率が、常に8%の場合は、


たとえ2100円の、年会費をかかっても、


年会費は、かすんで見えてしまいます。

さらに伊勢丹、三越、松屋等では、年間利用額によっては


翌年からの、還元率が最大10%になります。



ポイントは、毎日使う日用品や食料品などを買うことで、


こつこつ貯めることもできます。


東急は500円、京王、伊勢丹、松屋は1000円、


高島屋は2000円から、お買い物券に、


引きかえられ、ポイントが有効に使えます。




大丸や松阪屋は、来店するだけでポイントが付くシステムに


なっています。

付設のミュージアムやイベントなどに、割引きで入場できる等の


特典も百貨店カードの魅力です。



又最近は百貨店の経営統合で西武とそごう、伊勢丹と三越、


大丸と松阪屋、阪急と阪神などで、共通にポイントサービスが


利用ができるので、利便性がさらに増えます。




私鉄沿線の人は、東急のTOP&CIubQカードや、


京王のパスポートカードなど、電鉄系百貨店のカードが


有利です。




日常の買い物でポイントが貯まる、割引が受けられるといった


百貨店カードのメリットはそのまま、PASMOやPiTaPaなど、


交通系の電子マネーとの連携が大きなメリットになります。

 

クレジットカードで、オートチャージの設定をすれば、


交通機関を利用した時に、無駄なくポイントが貯められます。

 

駐車場が無料になるクレジットカード

ブログネタ
駐車場が無料になるクレジットカード に参加中!

駐車場が無料になるクレジットカードについてあれこれ


よく立ち寄るエリアの、駐車場無料はメリットになります。



駐車場利用無料サービスというのは一般的に、


百貨店やショッピングセンターなどの、商業施設が


自社カード会員向けに2~3時間の、駐車場を、


無料にする付帯サービスで、主に都心のドライバー向けと言えます。




カードの年会費にも、よりますが車で良く行くエリア、


商業施設の駐車場が、無料になるカードなら、


サブカードとして持つメリットは、大きいと思います。



タカシマヤカードゴールドでは、高島屋各店の駐車場が


数時間無料になります。



ゴールドカード、セゾンの場合、西武百貨店各店の駐車場が


3時間まで無料になります。

 

西武百貨店は、都心のターミナル駅近くに立地しており、


駐車場の利便性も、非常に高いと思います。



しかしゴールドカードの年会費が、10500円かかります。



ターミナル駅近くのエリアの、時間貸し駐車場の相場は


1時間当たり600円ですから、良く利用する人は、


数回使用すれば、元は取れます。



駐車場無料は、メリットが大きいと思います。


祝日、休日に駐車場が探しにくくなるエリアでは、


駐車場無料サービスが、効果を発揮します。



駐車場無料サービスは、主にゴールドカードが提供している


サービスですが、クレジット機能のない丸の内ポイントカードでも


駐車場無料サービスが、年会費無料で提供されています。



年会費無料といえば、イクスピアリカードです。


イクスピアリの駐車場が、2時間無料になります。


コミュニティパスポートMasterCardでも、カードの年会費無料です。


それで、表参道ヒルズ、六本木ヒルズの駐車場数時間無料です。


よく行くアリアの商業施設が、発行するクレジットカードに、


駐車場無料の、サービスがあるかどうか、


内容をチェックしない手はありません。

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ