クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2010年09月

自分にあったサービスを、提供しているポイントサイトを選ぼう

ブログネタ
自分にあったサービスを、提供しているポイントサイトを選ぼう に参加中!

自分にあったサービスを、提供しているポイントサイトを選ぼうに


ついてあれこれ詳しく。


ポイントサイトを運営するのは、大小さまざまの企業で、


最近では航空会社や、クレジット会社、家電量販店が


運営するポイントサイトも増加中です。


普段から集めているポイントが、貯まるので人気です。


又 ポイントサイトと、カード会社が、


提携して発行するクレジットカードの中には、


年会費が無料、又は実質無料で、還元率が高いものもあるので、


利用してみてもいいでしょう。

ポイントサイトによって、参加している通販サイトの


ラインナップが違い、同じ通販サイトで、ポイントの還元率


が異なる場合もあります。


どのサイトも登録は無料なので、ニーズに合ったポイントサイトを


探してみましょう。

 

なお、ポイントサイトを経由して、ポイントサイトのポイントを獲得しても、


通販サイトのポイントは、通常通り付与されます。

主なポイントサイトは、Gポイント、ちょびリッチ、ECナビ、


ネットマイル等があります。


Gポイント


   国内最大級のポイント交換サイトです。

   1ポイントは1円です。


   ANAマイルやSuica、Edy等の電子マネー、


   120以上の提携先ポイントと交換できます。


   ウエブ検索でポイントが貯まる、Gポイントツールバーも


   用意されています。


 

ちょびリッチ

   無料で参加できるビンゴや、ルーレットゲームでポイントを


   獲得できるのが特徴です。

   1ポイントは0.5円です。


   ポイントが貯まるショップは無印良品、ファンケル、


   ドクターシーラボ、HABA、ベルメゾン、DHCと多彩です。

   キャッシュバックは1000ポイント。


ECナビ


   4万7000店以上のショップから2、800万点を超える商品の


   最安値を検索し、豊富な口コミ、ランキングから人気商品の評価や


   レビューを参考に買い物ができます。


   ショッピングに便利な価格比較サイトです。


ネットマイル


   会員数約416万人と、人気を誇る老舗ポイントサイトです。



   航空会社6社のマイルを含め、さまざまな特典が


   用意されています。



   マイルの貯め方、使い方を丁寧に教えてくれる


   ネットマイルカレッジは、初心者にも親切です。




ポイントサイトの特徴をつかもう

ポイントサイトの特徴をつかもう

ブログネタ
ポイントサイトの特徴をつかもう に参加中!

ポイントサイトの特徴をつかもうについて




ポイントサイトは、大まかに分けると、サイト訪問型、アンケート型、

ショッピング型、メールクリック型に、分けることが出来ます。



サイト訪問型


  サイトを訪問し、検索やバナーのクリックで、


  ポイントが付与されるのがメインです。





アンケート型


  ポイントサイトの提携先企業等から来るアンケートや


  グループインタビュー、モニター等に応えて


  ポイントを獲得するサイト。




ショッピング型


  ポイントサイトを経由し、通販サイトでの買い物で


  ポイントを得るサイトです。

メールクリック型



   メルマガで送られる企業の広告をクリックすると、


   ポイントが付与される。

等に分けることができます。


これら全てのサービスを、提供しているサイトも多く、


動画投稿やCM動画を見ることが、ポイントに結び付くといった、


独自のサービスを提供しているサイトもあります。


 

どのサイトも登録は無料なので、ニーズに合ったポイントサイトを


探してみましょう。



ポイントカード、クレジットカード、電子マネー、通販サイト、


ポイントサイトを、上手に組み合わせると、一度の買い物で、


ポイントを二重、三重に獲得することが可能です。




さらに、キャンペーン時期に合わせて買い物をすれば、


獲得ポイントを、さらに上乗せすることもできます。



特に夏と冬のボーナス、クリスマス、お中元、お歳暮、新生活など


各社が販促に力を入れるシーズンなら、


ポイントサイトが5倍、通販サイトが10倍といったように


ボーナスポイントキャンペーンが重なることも、


さほど珍しくはありません。



次、自分にあったサービスを提供しているポイントサイトを選ぼう。

ポイントサイトから、ショッピングをしよう。

ブログネタ
ポイントサイトから、ショッピングをしよう。 に参加中!


ポイントサイトから、ショッピングをしようについて詳しく。


ポイントサイトを活用しよう。


品ぞろえや、価格の安さ、そして家まで届けてくれるという利便性から、


今や多くの人がネット通販を利用しています。

しかし買い物をする際、楽天市場やヤフーショッピング、


ベルメゾンネットといった、人気サイトに直接アクセスしていては、


みすみす、ポイントを取り損なってしまいます。


そこで、これら通販サイトで、買い物する前に、


一旦、ポイントサイトを、経由しておくことで、


通販サイトや、クレジットカードのポイントとは別に、


ポイント独自のポイントを、獲得することが出来ます。

 

ポイントサイトとは、サイトを経由したショッピングだけでなく、


検索、ゲーム資料請求、アンケート回答、


キャンペーンサイトでの各種申込、メルマガ登録等の


様々なアクションで、ポイントがもらえるサイトのことです。

 


審査もなく、誰でも無料ですぐに利用できるうえ、

継続して利用していれば、ポイントが失効しないサイトが


多いのが特徴です。

 

気軽にちょくちょくサイトを覗いて、ゲーム等をしていれば


失効しないというのは、大きな魅力です。


独自のポイントがある程度貯まると、キャッシュバックや電子マネー、


人気のある各社ポイント、各種ギフト券等に


交換できるようになっています。


最近はサービスも多種多様で、ポイントの特典メニューが


自社商品やサービスに縛られず、現金もしくはそれに近いものが


幅広く用意されているのも、ポイントサービスならではと言えます。

 

貯めやすく使いやすいのは、楽天が人気です

ブログネタ
貯めやすく使いやすいのは楽天が人気です に参加中!

貯めやすく使いやすいのは、楽天が人気ですについていろいろ。

 

ネット通販の、圧倒的な人気を誇るのが楽天スーパーポイントです。



企業数7万件を超え、食品からファッション、


グルメ等およそ4500万点もの商品が、そろう楽天市場を初め、


楽天証券」や楽天トラベルなど、ネット上のさまざまなポイントが


貯めらるのが魅力です。



さらにポイント10倍、100万ポイント山分け等、


カード会員限定で積極的に、ポイントアップキャンペーンを、


実施しているのも人気の理由です。

楽天スーパーポイントを、メインに貯めるのなら、


やはり楽天カードへの入会が必須です。


 

年会費無料で、一般加盟店での還元率が1%です。


利用金額100円=1ポイントと高水準です。




楽天市場の買い物では、決済方法にかかわらず、


基本1%分のポイントが、付与されるので、


楽天カードで支払えば、合計2%分のポイントが


獲得できます。




楽天スーパーポイントには、ANAやTポイントのほか、


銀行やクレジットカード等、


さまざまなサービスのポイントが移行できます。




意識して利用して集約すれば、ポイントはもっと貯まるはずです。


楽天スーパーポイントのデメリットは、さまざまな制限が


設けられていることです。




キャンペーンで、付与されるポイントの多くは、


通常のポイントとは、違う期間限定ポイントという形で付与されます。



付与から失効まで1週間しかない場合もあるうえ、


他社ポイントへの移行ができないことです。



ポイント数が小さい場合には、潔く失効させることも必要でしょう。


又、他社から楽天に移したポイントも期間限定ポイントと同様、


他社ポイントに移行できないルートなので注意が必要です。



楽天スーパーポイント 

ポイント交換ルート検索を使ってみよう

ブログネタ
ポイント交換ルート検索を使ってみよう に参加中!

ポイント交換ルート検索を使ってみようについて詳しく。

ポイント交換ルート検索サービスを、活用すれば


いろいろなことが分かります。




ポイ探には、ポイントを有効活用するための、


さまざまなサービスがありますが中でも一番、


人気がありますのが、ポイント交換ルート検索機能です。

 


手持ちのポイントを、他のポイントに移したいときに時に、


どう交換すれば一番いいのかという事が、一発で分かる機能です。




例えば、三井住友カードの1万ポイントを、


JALのマイレージと、交換したいとき、


両社は、直接提携していないので、


通常であれば、交換できません。

 


しかしポイ探の、画面上部にある入力フォーラムで、


三井住友カードとJALを選択し、10000ポイントと入力して、


検索ボタンを押すと、いくつかのポイントを活用すれば


最終的にJALの3万3000マイルと、交換できることが分かります。


又ポイントサーチで、交換先を探すことができます。


交換したい先のポイントが、あらかじめ決まっていれば、


ポイント交換ルート検索を、使えばいいのですが、


必ずしもそうとは限りません。




手持ちのポイントが、どのポイントに移行できるのか知りたい、


そんな時に役立つのがポイントサーチです。


 

各ポイントの概要ページに、交換できる先が表示されるので、


順にクリックすることで、交換ルートを手動で探すことができます。



例えば家電のヤマダ電機から、ANAへ交換される際の条件が


表示されると同時に、さらにANAから移行できる先も表示できます。




その中からアイワイ・カードを、クリックしてさらに続けていくと


最終的にnanakoに、交換できることが分かります。


 

又 ポイント逆サーチで、交換”元”を探すことができます。


ポイント逆サーチを使えば、目的とするポイントへ


移行できるポイントを、手動で探すことができます。


目標とするポイント数まで、後少しだけ足りない、


どこからか、移せないかといった時に便利な機能です。

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ