ブログネタ
ポイントカードのメリットデメリット に参加中!

ポイントカードのメリット、デメリットあれこれ

 

ポイントカードのメリット、デメリットをまとめてみますと、


先ずメリットですが、ポイントカードのメリットは、


お客様から見れば、ポイント分の割引きを受けられますが、

 

お店側とすれば、ポイントによる割引を実施することで、


リピート客を増やして、顧客の固定化を図ることが出来ます。

 

 

即ち、常連客を持つことが出来るわけです。

 


もう一つは、会員登録をしてもらいますので、


住所、氏名、年齢などの顧客情報を得ることが出来ます。

 


その基本データ―に顧客データを重ねることで、


顧客の購入パターンや利用頻度などを、


定量的に分析ができることです。

それをもとに、ダイレクトメールを発行して、


マーケティングにつなげることが可能になるのです。

 

ポイントカードのデメリットは、顧客のデータを、


コンピューターで管理しますから、管理コストがかさみます。

 


特典を充実させれば、それだけ費用もかかり、

経営を圧迫する要因になります。

 


ポイントカードのデメリットは、お客さんから見てのデメリットは、


ポイントの得点は商品の原価に含まれますので、


元々の商品の価格が上がることです。

 

供給側のデメリットは、

ポイント還元競争のが起こることです。

 

ライバル社が10%の還元率を15%に引き上げたら、


いやでも追随しなければなりません。

 


10%のまま営業を続けていれば、


確実にお客様を奪われてしまいます。

 

しかしこうしたポイント還元率競争は、


消耗戦以外の何物でもありません。

 

結局は、利益の吐き出しでしかありませんから、


体力を弱らせる結果に終わります。

 

こうした無用な競争から撤退する会社(ユニクロやすかいらーく)も、


現れています。


ポイントカードを続けることは、


長期間にわたって、利益の先食いをするようなもので、


意味がないと判断して撤退しています。

 

ポイントカードの発行コストを、


商品の値下げに回した方が良策と判断したようです。