ブログネタ
クレジットカードのポイントの有効期限には注意する に参加中!

クレジットカードのポイントの有効期限には注意するあれこれ。


クレジットカードは、会員である顧客が、


クレジットカードで1万円の買い物をした場合、


クレジットカード会社は、クレジットカード加盟店である店舗には、


手数料を引かれた金額が支払われます。

 

ここで、仮に手数料を5%とすると、

9,500円が店舗に支払われます。

 

そして、カード会社の利益が500円ということになりますが、

 

このカード会社の利益の中から、

カード会員にポイントが支払われるわけです。


つまり、カード会員は手数料の中から支払われるポイントが、


クレジットカードに貯まっていくという仕組みです。

 

例えばポイント還元率が2%だとすると、


クレジットカード会社が、200円分のポイントを、


付与するという仕組みになります。

 


そこで、ポイントを会員が利用すると、


クレジットカード会社側は、200円分が損金となり、


300円の利益ということになります。

 


しかし、クレジットカード会社からすると、


会員への顧客サービスの一環であるため、


有効期限を定めているケースがほとんどです。

 

クレジットカードのポイントは発行会社にとっては負債のため、


期限を設けています。


なので、クレジットカードのポイントを一定期日で、


失効させる必要があるのでしょう。

 

 

クレジットカード活用の基本として、一定期間経過後に、


ポイントが消滅するクレジットカードがほとんどです。


なので、ポイントの有効期限のチェックは大事です。


もっとも、セゾンカードは期限は設けていませんが、


ポイント還元率は通常0.5%で高くありません。


ポイントの有効期限は、2年や、3年のところもありますが、


ほとんど1年間となっているところが、多いのですが、


初回ご利用日より1年間か、


最後に利用した日から1年間かを、


確認する必要があります。

 

最後に利用した日から1年間なら


1年に1回使えば、実質有効期限はないのと同じです。


楽天カードなどは、ポイント有効期限が近づくと、

メールで知らせてくれます。


イオンカードなどは1000円で1ポイントなので、

どうせ買い物をするなら、100円で1ポイントつくカードで、


買い物をした方が断然お得です。

 

繰り返しになりますが、期間を過ぎると、

ポイントが失効してしまいますので、

注意しましょう。