クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2012年05月

横浜バンクカードSuicaについて

ブログネタ
横浜バンクカードSuica に参加中!

横浜バンクカードSuicaについてあれこれ

 

バンクカードとは、銀行が発行するクレジットカードのことですが、


地方銀行の横浜銀行で、バンクカードを発行しています。

 

横浜バンクカードは、クレジットカード機能、キャッシュカード機能、


ローンカード(キャッシング)機能、デビットカード機能(商品購入時に、


銀行などの預金口座から即時に、引き落として支払う)を併せ持った、


とても便利な、横浜銀行のキャッシュカードです

 

さらに、スイカ(Suica)にクレジット機能を付けたのが、

 

横浜バンクスイカ(Suica)カードということです。


横浜バンクスイカは、Viewカードもついています。

 

そんなわけで、Viewカードとスイカのポイント2種類が、


獲得できます。

 

横浜を中心に神奈川県内を生活圏にしている方で、


JR利用頻度の高い方には最適です。

 


年会費が無料で、うれしいのですが、


学生などはカードローンの利用ができないです。

 

つまり、学生の方、主婦の方、満20歳未満の社会人の方、


66歳以上の方は、カードローンを、


お申し込みできない難点があります。

 

 

横浜バンクカードは年会費はかかりますが、


このほか、ワンランク上の、


ヤングゴールドと、ゴールドカードも発行しています。

 

ヤングゴールドカードは、満20歳以上満29歳以下で、


原則として年収300万円以上、勤続年数1年以上の方

 

ゴールドカードは、原則として満30歳以上満65歳以下で、

年収500万円以上、勤続年数5年以上の方となっています。

 


国際ブランドは、ピザのみですが、

利用できる店舗が多いので安心です。

 

神奈川県を中心に活動している方には、


キャッシュとクレジットカード機能をフル活用できます。

 

 

ふるさと納税とクレジットカードで公金支払

ブログネタ
ふるさと納税とクレジットカードで公金支払 に参加中!

ふるさと納税とクレジットカードで公金支払あれこれ

 


納税がクレジットカードで可能になってきている現状もありますが、

 

まだごくわずかです。

 

 

もっとも、自分の住んでいる市区町村が、


対応しているかわからないという人が多いものです。

 

 

自治体が発行するニュースも、行政単位で配布方法も異なり、


情報の露出度が行政によって異なりますし、


税金のクレジット支払いの情報があれば、


利用したいと思っている人もいると思います。

 


そんなときにチェックしたいのが、


Yahoo!JAPANの公金支払いのサイトです。

 


トップページに、公金支払いができる市区町村が表示され、


底から課税番号などを入力して、クレジットカード払いが出来ます。

 

 

Yahoo!IDを持っていれば誰でもクレジットカードで、


支払うことが出来るので便利です。

 


自動車税などを支払う前にチェックして活用してみましょう。

 


もう一つ、都市部の納税を地方に分配する策として登場した、


ふるさと納税とは、自治体に寄付を行った場合、その金額相当分が、


所得税や住民税から控除されるというものです。


言い換えれば、自分の所得税や住民税の一部を、

自治体へ寄付するというものです。


ふるさと納税の始め方は、まず 自治体に連絡して、


ふるさと納税をしたい地方公共団体に申し出をします。


現在居住の税務署へ申告すると、還付される仕組みです。

 

ふるさと納税も、Yahoo!JAPANの公金支払のサイトでも、


可能ですので、特定地域への思いを、クレジットカード支払いとともに、


ぶつけてみるのも一方です。

 

ポイントも獲得できますし、恩返しもできるわけです。


また、Yahoo!ポイントを使って、


ふるさと納税をすることもできます。

 

 1回あたりのふるさと納税の最低金額は5000円です。


Yahoo!ポイントが5000ポイントに満たない場合は、


クレジットカードでの支払いとあわせることで、


ふるさと納税ができます

電子マネーのメリット

ブログネタ
電子マネーのメリット に参加中!

電子マネーのメリット

 

クレジットカードの機能は、決済を代行してくれるクレジット機能が、


メインであることはご存知の通りですが、これに電子マネー機能と、


ポイント機能がついているのが、最近のクレジットカードの特徴です。

 

電子マネーには、いろいろな種類があり、


利用できる店舗も様々です。

 

少額の買い物であれば、電子マネーの方がメリットがあります。

 

というのも、ポイントが貯まるメリットだけでなく、


お小遣いの一部を電子マネーに入金しておくことで、


毎月のお金の管理がしやすくなるわけです。

 


電子マネーには、2つあって、1つは鉄道会社が発行し、


乗車券利用を主とした交通系電子マネーともう一つが、


電子マネー専用会社や、大手スーパーが発行している、


ショッピングを主とした電子マネーです。

 

両者ともに、電子マネーを採用している狙いは、


コスト削減ということになります。

 


と言いますのは、スーパーやコンビニの場合、


レジでお金の受け渡しがなくなる分、


客を待たせる必要がなくなり、


レジ作業のコスト削減につながります。

 

 

そしてお釣りの間違えなどのトラブルも解消されるなどの、


メリットがあります。

 


又電子マネーを導入することで、顧客の動向や、


マーケティング調査にも役に立つわけです。

 


一方、一般ユーザーのメリットは、


小銭いらずで買い物ができることと、

 

ポイントを貯めて、キャッシュバックなどの特典を、


受けることが出来る点です。

 

電子マネーのシェアはEdyがトップです。

 


2位のスイカの2倍の発行枚数を誇っていますし、

 

利用可能な店舗数も、スイカの2倍以上になっています。



もっとも、一番よく利用されている件数は、


nanacoになっています。

TSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と自治体の図書館が一体になる。

ブログネタ
TSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と自治体の図書館が一体になる。 に参加中!
Tポイントカードの新サービス、Tカードプラス
よくレンタルDVDを見るなら 年会費無料の ツタヤカードをすすめます


TSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と自治体の図書館が一体になる。

 


それぞれの自治体にある図書館は、無料で書籍やCDなどを、


借りることができるのですが、年々サービスアップしていますよね。


最近は、民間への委託や民間とのタイアップで、


ますます便利な存在へと、変貌を遂げてきています。

 

佐賀県のとある自治体にある図書館は、


年間1億4500万円で、運営する市の図書館を、


全国でCD・DVDレンタル店舗「TSUTAYA」を、


展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブへ、


業務委託することで、基本合意に達しています。

 

これは公共施設の管理・運営を、民間のノウハウによって、


サービス向上と、コストの削減をする改正地方自治法の、


指定管理者制度を導入したものです。


合意された計画案によると、委託後の図書館は、


大きく様変わりします。

 


例えば開館時間は、現行の午前10時から午後6時が、


午前9時から午後9時となり、しかも年中無休になります。

 

また閲覧書籍も、約8万冊から20万冊に増え、


さらに食堂・喫茶の併設も計画されています。

 


コスト面では、約1割削減が見込めるという目論見です。

 

個人情報の管理や、職員の雇用問題など、


細部の調整はまだこれから先ですが、

来年4月スタートを目標に着々と実現に向けての準備が、


進められています。

 

また、図書の検索はインターネット、そして貸出や返却は、


時間を気にする必要のない場所でというサービスもあります。

 

高松市図書館(香川)では、コンビニエンスストア「サンクス」と、


タイアップして、今年2月から、市内のサンクスの、


営業時間内であれば、同図書館の登録カード所有者が、


ウェブサイトで予約した書籍やCDを、いつでも受取ったり、


返却できる「予約資料貸出サービス」を始めました。

 

同様のサービスは、すでに横須賀市立図書館


(神奈川/対応は「ファミリーマート」「デイリーヤマザキ」・各1店舗)や、


串間市立図書館(宮崎/対応は「ファミリーマート」・2店舗)、


所沢市立所沢図書館(埼玉/対応店舗は、


「ファミリーマート」・7店舗)でも、実施されています。


新たな試みで成功例が出れば、利便性の良い図書館が、


さらに広がっていく可能性もあります。


今後の動向に注目したいです。

 

クレジットカードの種類、分類、(プロパーカード、提携カード、ハウスカード)

クレジットカードの種類、分類、(プロパーカード、提携カード、ハウスカード)


クレジットカードにはプロパーカードと提携カード、


そしてハウスカードの3種類が存在します。ハウスカードは、


ビサなどの国際ブランド等とは、提携せずに、


自社のグループ関連企業のみで利用できるクレジットカードです。

 

顧客の囲い込み、そしてツケ払いを可能とするためのもので、


ポイント制を導入していれば、グループ内で利用が促進されます。

 


しかし最近の傾向として、やはり国際ブランドと、


提携しているハウスカードが増えています。


次にプロパーカードは、国際ブランドを含む、


クレジットカード会社が独自に発行するカードです。

 

例えば、セゾンカードはプロパーカードで、


独自にクレジットカードを発行しています。

 


プロパーカードは、提携カードに比べて数は少ないです。

 

提携カードは、クレジット会社と提携した企業が、


発行するクレジットカードのことを言います。

 

世の中のクレジットカードのほとんどが提携カードになります。


提携カードは、プロパーカードの基本サービスに加えて、


提携企業の独自おサービスがプラスされるので、


基本的にはオトクと言えます。

 

一方、プロパーカードの目的は、


グリーンからゴールド、プラチナ、ブラックカードと、


利用実績を作りつつ、上位のカードを、


取得するということにあります。


というのも上位のクレジットカードは、


クレジットカード会社からの働きかけがなければ、


基本的には取得が難しいからです。

 


特に、プラチナ、ブラックカードは、利用率だけでなく、


利用額と支払実績に影響されます。

 

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ