クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2012年09月

ポイントカードの中心はなんといってもTカードです

ポイントカードの中心はなんといってもTカードです
ポイント失効を防ぐには、Tポイントへ移行する
Tポイントカードの新サービス、Tカードプラス
よくレンタルDVDを見るなら 年会費無料の ツタヤカードをすすめます。





ポイントカードの中心はなんといっても、Tカードですについてあれこれ

 

Tポイントは、万能のポイントカードです。

 

レンタルビデオ屋のTUTAYAはさることながら、


ファミりーマートやドトールコーヒーなど、


提示を求められる店は非常に多いです。

 

ポイントカードに望まれるのは、高還元率、有効期限が


無期限のカードです。

 

Tポイントは提携企業が多く、交換できるポイントが、


非常に多いのが特徴です。

 


これは、Tポイントを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブの、


目的として、ポイントにより顧客の囲い込みではなく、


ポイントサービスを通して得た、顧客データベースによって、


商売をしようとしているところに特徴があります。

 

なので、普通のポイントとは違い、多少の利益を、


度外視してでも、客単価の安いコンビニやビデオ店で、


1%のポイント還元してくれるわけです。


ポイントの交換先の一つでもある、Edyなどの電子マネーの普及も、


Tポイントの強さに拍車をかけています。

 


使用先が多いうえ、加盟点数の多いEdyへ、


交換できるということでTポイントの価値は増していくのです。

 

Tポイントは、さまざまなポイントに変えることができます。

 

1ポイント=1円ですが、現金とほぼ同じ価があり、

ANAマイルにも、変えられるし、


それを通して、電子マネーにも交換可能です。

 

また、楽天ポイントにも、損失なく移行できるなど、


まさに、万能のポイントカードです。

ポイント失効を防ぐには、Tポイントへ移行する

ポイントカードの中心はなんといってもTカードです
ポイント失効を防ぐには、Tポイントへ移行する
Tポイントカードの新サービス、Tカードプラス
よくレンタルDVDを見るなら 年会費無料の ツタヤカードをすすめます。



ポイント失効を防ぐには、Tポイントへ移行するあれこれ

 

一般的にカードを持っている人は、


平均して、何枚のカードを持っているのでしょうか。


2枚、3枚でしょうか。


7枚、10枚も持っている人もいます。

 


これだけポイントの種類が増えると、


無駄に眠っているポイントや、


存在を忘れて、有効期限が切れてしまうポイントがあるはずです。

 


そんな人のため、ポイントを移行させて、


有効活用して、最得交換ポイントに集結する方法があります。

 

統合ポイントとして使い勝手の良い、Tポイントに、


ポイントを集中させて、使い切ろうという試みです。

 


やることは、自分のクレジットカード、ポイントカード、


ネット系ポイントの棚卸です。


ポイントを整理してすべてを、Tポイントに移行する。

 

 

大手クレジットカード、銀行などのポイントは直接移行できます。

 

また、直接移行できないものは、楽天スーパーポイントか、


Gポイントを経由すればOKです。

 

最終的にいずれもTポイントと等価交換できますので、


損することはありません。

 


つまり、すべてのポイントがTポイントに集まる。

 


Tポイントは、TSUTAYAだけでなく、

 

ファミリーマートなど幅広い店舗で、

 

1ポイント=1円として使えるから無駄がありません。

 

 

また最大のメリットは、Tポイントは一度でもポイントの増減があれば、


その時点で、有効期限が伸びることです。

 

一度でも使わないことはありえない。

 

なので、実質、永久不滅ポイントと同じようになります。

 

もちろん、貯まったポイントは、すべて集めて、


やはり、直接使った方が効率がいいです。

 

TSUTAYA、ファミリーマート、スリーエフ、ガストなど、

 

幅広く対応しているので使い勝手がいいものです。

 


繰り返しになりますが、使えば期限がさらに更新される仕組みです。

 


これを利用してTポイントを、貯金箱化してやるのが、

最大のテクニックです。

 

 

Tポイントの店舗で使いきれないポイントは、


ネットショッピングなら楽天で使える。

 


また、足りないANAマイルなどは、Tポイントからを、


補充することもできます。

 


ANAマイルを経由すれば、Edy Suicaなどの、


電子マネーにも交換できます。

 


もう一つ、Tポイントは迂回テクニックという裏技もあります。

 


例えば、ネットマイル→ANAマイルという移行では、


直接移行よりも、Tポイント経由で迂回させた方が、


交換できるマイルが増えます。

 


Tポイントを上手く活用して、ポイントを無駄なく使いきることが可能です。

 

 


主なTポイント対応カードはSMBCカード、JCBカード、

三菱東京UFJ銀行、ANA、りそな銀行、三井住友カード、


ANA JCBカード、ANA VISA(マスター)カード、


ジャックスカード、JP BANKカード、三井住友銀行、


ヤマダLABIカードです。

 


まずは、自分の持っているポイントを把握しましよう。

 

主なTポイント移行に使えるカードは、


上記のカードを持っているユーザーです。

 

 

また、主なTポイント非対応カードは、


ライフカードとP-oneカードですが、


これは一旦、楽天スーパーポイントかGポイントを、

経過すればOKです。



使えば必ずお得なカードは、新P-oneカードです

使えば必ずお得なカードは新P-oneカードですについていろいろ

 

新P-oneカードの最大の特典は、請求時1%割引きです。

 


これは世界中どこで使っても、地域・時間を問わず、

 

請求時には必ず1%の割引きになるというサービスです。

 

クレジットカードといえば、ポイントサービスを上げる人が、


多いですが、それ以外に、カードに詳しい人になればなるほど、


ポイントよりも、割引きの方がおトクと見抜いています。

 

確かにポイント還元を受けるには、


いくつかのハードルを越えねばなりません。

 


1、繁雑な手続き。ポイントを金券に換える場合も、


自分の方から、ポイント交換の手続きをしなければなら、

 

これが面倒なわけです。


2、最低交換ポイント。


ポイントを交換するためには、最低必要なポイント数があり、


それをクリアしなければなりません。

 


3、有効期限。多くのポイントには、有効期限があり、


それを過ぎると今まで貯めたポイントが失効してしまいます。

 

例えば、ポイント付与率が1000円で、1ポイント、


最低交換ポイント300ポイント、


ポイント有効期限2年のクレジットカードの場合、


ポイントを交換するためには、2年間のうちに、


最低30万円のクレジットカードを使う必要があります。

 

この条件をクリアしなければ、今まで貯めてきたポイントが、


無駄になってしまうわけです。

 

これに対して、P-oneカードの請求時1%割引きはどうだろうか。

 


こちらは、カードを使った分だけ自動的に割引されます。


ポイント交換の手続きをしたり、ポイントの端数に、


悩むといった手間や無駄がありません。

 


新P-oneカードは4種類出ていますが、


年会費無料で1%割引きに特化したP-oneカード(スタンダード)と、

 

リボ払い専用のP-one FLEXYと


それに加えて、年会費3150円のゴールドカード、P-oneカード(G)と、


そのワンランク上の特典をプラスしたP-oneカード(Premium Gold)で、


この4種類の中から、ニーズに合わせて選ぶことができます。

 

 

ちなみに、ペーパーレスで地球にやさしいカードということで、


P-oneカード(スタンダード)とP-one FLEXYの入会は、


インターネット申込み限定です。

 

また、明細書はオンライン明細書が基本設定となっています。

 


さらに、オンライン明細書の発行1件当たり5円が、


植林活動に寄付され、環境保全に貢献できるようになっています。

 


さらに、新P-oneカードを、最大限に活用するには、

会員専用オンラインショッピングモール、P-oneモールを、


経由して、傘下のECショップでカードを利用すると、


通常の基本ポイントにプラスして、


ボーナスポイントが、加算されます。

 

通常ポイントがつかない年会費無料の、


P-oneカード(スタンダード)であっても、

ボーナスポイントは貯めることができるため、

請求時1%割引きとボーナスポイントの獲得は、


業界トップクラスの還元率となっています。

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査について詳しく

 

クレジットカード会社は審査で、安定した収入があるか、


返済能力は十分か、夜逃げはしないかこの3点です。

 

 

実際には、入会申込書の記述内容と、


個人信用情報センターのカード利用履歴をみて、


その判断をしています。

 

 

入会申込書は、そこに記載された年齢、勤続年数、職種、

勤務先の規模、年収、居住年数、住居形態、


家族構成といった個人情報に、それぞれ点数をつけて、


その総合点で、その人を評価します。

 

経済的状況については、個人信用情報センターで、


過去の支払い履歴や、借り入れの状況を確認します。

 

延滞を繰り返してブラックリストに、載っていることがわかれば、

もちろんカード発行は拒否されます。

 

この二つの手段で、その人がカードを持つに、


ふさわしい人かどうかを、判断しているわけです。

 

また、どのランクのカードを持てるかは、


属性を、吟味することで行われます。

 

もちろん、年収は高いほうが有利で、

 

勤務先は、一部上場など規模が大きいか、


公務員など、公的機関の方が有利です。

 

勤務年数や、居住年数は長いほうが有利です。

 

住まいは、賃貸マンションや賃貸アパートより、


社宅や持ち家が有利で、一人暮らしよりは、


両親と同居しているケースの方が高い評価になります。

 

もっとも有利なのは、独身の若者で、


両親と同居していて、持ち家に住んでいる場合です。

 


持家ですからから、夜逃げはしませんし、


万一、本人がいなくなっても両親は住んでいますので、


返済が滞っても、両親が肩代わりしてくれます。

 

 

さらに、独身ですから可処分所得が高く、


自由になるお金を、たくさん持って消費に回してくれます。

 


なので、カード会社からするとよいお客さんになります。

 

しかし電話については、携帯電話しか持っていないと、


不利になります。

 

固定電話もあった方が、審査のプラスになるでしょう。

 


これも、ネットカフェ難民でなく、


きちっと、住居を構えていると判断されるからです。

Tポイントカードの新サービス、Tカードプラス

ポイントカードの中心はなんといってもTカードです
ポイント失効を防ぐには、Tポイントへ移行する
TSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と図書館が一体になる
よくレンタルDVDを見るなら 年会費無料の ツタヤカードをすすめます。
Tポイントカードの新サービス、Tカードプラス
Tポイントカードの新サービス、Tカードプラスについて詳しく


2010年10月、クレジット機付きのTカードがリニューアルされて、


新たに、Tカードプラスがリリースされています。



もっとも、従来のクレジットカードと、おトクな基本機能は、


変わっていませんが。

 


TSUTAYAやTポイント提携店での利用・カード提示で、

 

Tポイントが貯まるクレジット機能付きTカードは、

 

ファミリーマートなど提携企業が発行しているほか、


TSUTAYAの運営会社であるカルチャー・コンビニエンス・クラブが、


これまでTSUTAYA Wカードを出していました。



 

今回、Wカードの新規発行を停止し、


これからは、TSUTAYA店頭で申し込むクレジットカードは、


すべてTカードプラスになります。


 

TSUTAYAなど、Tポイント提携店でクレジット利用すると、


100円あたり1ポイントが付くほか、


JCBの加盟店でカード払いした場合、


200円=1ポイントが付きます。



 

さらに、TSUTAYAで1000円以上の利用だと、


クレジットポイントが2倍の200円=2ポイントになるなど、


Tカードより断然有利です。

 


それとともに、このカードの魅力は、普通に暮らしているだけで、


ポイントが自然に貯まることです。




コンビニ(ファミりーマート)、TSUTAYAでのDVDレンタル、


ガソリンスタンド(ENOS、JOMO)、ガスト、牛角、


カメラのキタムラなど、毎日立ち寄る店の多くが、

加盟店になっているため、Tカードお持ちですかと聞かれるたびに、

Tカードプラスを提示すれば、面白いようにポイントがたまります。

 

また電気代、ガス代の公共料金から、携帯電話料金、新聞代、


プロバイダー料金など、毎日決まって出ていく支出を、

カード払いにしておくと、それにもポイントが付くので、

知らないうちにポイントが貯まるわけです。

 

そしてためたポイントは、提携店で、

1ポイント=1円として使えます。

 

Tカードプラスは、年会費が初年度無料・2年目以降は、


525円と有料となっています。

 

 

しかし、現金カードのように年1回の、更新料がかかりませんし、

年間5万円以上のカード利用があれば、翌年の年会費は無料となります。


公共料金などの支払いをしていれば、5万円以上の金額は、


すぐにクリアできるはずです。



 

ちなみに、ヤフーも、Tポイントに参加していますので、


Yahoo!ショッピングで買い物して、


100円に付き1ポイントのポイントが、


もらえるようになっています。



 

そして1ポイントで1円で、Yahoo!ショッピングで、


利用することができますので、たいへんお得です。

 

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ