クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2013年01月

マクドナルドなどのファーストフードでは、ジェフグルメカードを活用する

マクドナルドなどのファーストフードでは、ジェフグルメカードを活用する
マクドナルドでは現金払いは損です


マクドナルドなどのファーストフードでは、ジェフグルメカードを活用するについて


マクドナルドでは、iDとEdy、吉野家では、WAONが導入されるなど、


徐々に電子マネー払いへの対応が進んできているファーストフーズ業界。

 

とはいえ、クレジットカードも電子マネーも、使えないところは、


まだまだたくさんあります。

 


そんな時に使えるのが、全国共通食事券、ジェフグルメカードです。

 

ケンタッキーフライドチキンやモスバーガー、すかいらーく、


リンガーハットなど全国28000の外食店で使うことができます。

 

 

このジェフグルメカードをクレジットカードで購入すれば、

カードを使えないこれらの店の支払いでも、

間接的にクレジットカードのポイントを貯めることができるというわけです。


ジェフグルメカードをクレジットカードで購入する方法はいくつかあります。

 

一つは、西武百貨店か、そごうの商品券売り場での購入。

 

もう一つは、クラブオフでの購入。


クラブオフはリラックス・コミュニケーションズが、


企業の会員組織向けに提供しているサービスで、


500円券を485円の割引き価格でウエブ購入できる。


クレジットカード購入によるポイントと合わせて二重におトク。

 

送料は全国一律500円(税込)。


ジェフグルメカードの購入枚数が20枚以上の場合は、


送料は無料になります。

 

クラブオフはFX業者のセントラル短資や、


関西電力が発行する「はぴeカード」等の会員向けに、


提供されているので、これらの会員になれば、


ジェフグルメカードを購入できるようになります。

プリペイド型電子マネーのPASMOや、Edy、WAONはどこでチャージするのか

プリペイド型電子マネーのPASMOや、Edy、WAONはどこでチャージするのか

 

PASMOの場合、クレジットチャージは、


オートチャージでしかできません。

 


そのオートチャージを利用するには、


駅等に置いている申込書に記入後、


郵送して申し込みます。

 

オートチャージの対象となるPASMOの種類に、


さほどの制約はありません。

 

登録できるクレジットカードは、東急カードや小田急、


東京メトロなど、交通事業者系のカードに限られています。

 

Edyの場合は、オンラインでのチャージへの対応が進んで下り、

パソコンでも携帯電話でも、場所や時間を問わずに、


チャージすることができます。

 

また、Edyはクレジットカードやポイントカード等に、


搭載されて発行されますが、カードの種類を問わずに、


クレジットチャージできるのも特徴です。


パソコンでのチャージには、非接触ICカードを、


読み書きできるパソリという、USB対応リーダ/ライターを購入するか、


もしくは同等の機能を持つ「FeliCaポート」を、


あらかじめ内蔵したパソコンが必要。

 

携帯電話でのチャージには、おサイフケータイ対応の、


携帯電話が必要です。

 

登録できるクレジットカードは、三菱UFJニコスやクレディセゾン、


三井住友カードを初めとして様々な種類があります。

 

チャージしても、ポイント付与の対象外になるカードが、


多いのでご注意を。


ソニーカードや、ライフカード等であれば、


ポイント付与の対象となります。

 

WAONの場合、、基本的にはクレジットチャージでは、


ポイントは尽きません。


しかし、JALとの提携カード「JMB WAON」については、


JALカードからのチャージでマイルが加算されます。

 

対象となるのは、JALカードの中でも、JAL・VISAカード、


JAL・MasterCard、JALカードTOP&ClubQのみ。

 

実際のクレジットチャージは、


ジャスコ等に設置してある「WAONステーション」、


「WAONチャージャー」で行えるほか、


レジでの支払い後の残高が設置金額を下回ると、


自動的にチャージするオートチャージサービスも用意されている。

プリペイト型電子マネーモバイルSuicaのクレジットチャージの仕方

プリペイト型電子マネーモバイルSuicaのクレジットチャージの仕方あれこれ

 


クレジットカード決済によるチャージは、


プリペイト型電子マネーを活用するうえで欠かせません。

 

しかし、クレジットカードでチャージするといっても、


実際どこでやればいいのかピント来ない方が、


多いのではないでしょうか。

 

駅の券売機やお店のレジなどで行う現金チャージと比べると、


クレジットチャージはわかりづらい面があります。

 

モバイルSuicaの場合はオートチャージは利用できません。


しかし、携帯電話の通信機能を利用してチャージするので、


Suicaの残高が足りなくなったら、


いつでも、どこでもチャージできるのがメリットです。

 

ビューカードはもちろんのこと、JCB、VISA、MasterCard、


AmericanExpress、DinersClubの


ブランドがついているカード、即ち国内の大半のカードを、


クレジットチャージ用に、登録することができます。

 


迷わずメインカードで登録したいところですが、


問題は、モバイルSuicaの年会費です。

 

ビューカードで登録すればと無料ですが、


それ以外のカードで登録すると1000円かかります。

 

しかも、ビューカードは、Suicaへのチャージだと、


通常の3倍ポイントが付与される仕組みで還元率は1.5%。


大半の方は、ビューカードで登録する方がトクになります。

 

モバイルSuicaを利用するのであれば、


チャージ専用のサブカードと割り切って、


ビューカードを持つのも手でしょう。

 

また、ジェーシービーや三井住友カードなどカード会社によっては、


モバイルSuicaへのチャージを、


ポイント付与の対象外にしている場合がありますので要注意です。

 

プリペイト型電子マネーSuicaのクレジットチャージの仕方

プリペイト型電子マネーSuicaのクレジットチャージの仕方あれこれ。

 

クレジットカード決済によるチャージは、


プリペイト型電子マネーを活用するうえで欠かせません。

 

しかし、クレジットカードでチャージするといっても、


実際どこでやればいいのかピント来ない方が、


多いのではないでしょうか。

 

駅の券売機やお店のレジなどで行う現金チャージと比べると、


クレジットチャージはわかりづらい面があります。

 

一つずつ見ていきましょう。

 

Suicaから見ていくと、そもそもSuicaカードには、


クレジットチャージはありません。

 

クレジットチャージをするには、


JR東日本が発行するクレジットカード、「ビューカード」と、


一体となったSuica、もしくは、おサイフケータイ対応携帯電話で、


利用するモバイルSuicaが必要です。

 


ビュースイカカードやルミネカード、JALカードSuica、


ビックカメラSuicaカードなどに、


代表されるSuica付きビューカードでのクレジットチャージは、


JR東日本の駅に設置されているATMコーナー、


VIEW ALTTE(ビューアルッテ)か、

 

「VIEW」マークのあるカード発売機で行うことが可能です。

 


またSuica付きビューカードの場合は、自動改札にタッチするだけで、

 

自動的にチャージするオートチャージサービスも利用可能です。

 

Suicaの残高が一定金額以下になると、


自動改札にタッチして入場する際に、あらかじめ設定しておいた金額が、


自動的にクレジット決済でチャージされます。


一度登録してしまえば、あとは、いちいちチャージしなくてすみ、


なおかつ、ビューカードのポイントも貯まる大変便利なサービスです。

買い物をしなくてもポイントが貯まる方法があります

買い物をしなくてもポイントが貯まる方法がありますあれこれ。

 


ヤマダ電機や、ららぽーとTOKYOーBAY、


大丸、松坂屋では、お店に行くだけで、


ポイントがもらえる来店ポイント制を導入しています。

 

面白い所なら、いらなくなったものを業者に買い取ってもらう際、


現金でなく、ポイントで受け取るサービスが徐々に広がっています。

 

ソフマットではパソコン、ゴルフダイジェストオンラインではゴルフクラブ、


ライブドアでは、CD・DVDの買い取りを実施していますが、


いずれもポイントでもらうと、買い取り金額に10%上乗せする、


サービスを行っています。

 

また、仕事でポイントを受け取るサービスもありますよ。


給料とは別に、従業員向けのポイント制度を設けている企業があります。

 

派遣会社のフジスタッフでは、同社の登録スタッフ向けに、


労働時間に応じて付与するポイント制を導入している。

 

貯まったポイントは、


ショッピングサイトでの値引きに充当できる仕組みになっている。

 

投資家にも朗報、株主優待でポイントが付くサービスあり。


カルチャー・コンビニエンス・クラブでは、


株数に応じて、自社で発行するポイントを、


贈呈する株主優待制度を、導入している。

 

カルチャー・コンビニエンス・クラブの株を、


300株以上保有していると、Tポイントが2000ポイント、


また、クレディセゾンの株を100株以上保有していると、


永久不滅ポイントが500ポイントもらえます。

 

それから、ウエブサイトでのアンケート回答に、


対して付与するサービスは、数多くの企業で採用している。

 

代表的なのは、マクロミルや楽天「楽天リサーチ」、


ヤフー「Yshoo!リサーチ」など。

 

簡単なアンケートへの回答で、50~200円程度のポイントが、


もらえるため、人気の高いサービスとなっています。

 


それ以外に、会員登録、資料請求、見積もり請求で、


ポイントが付くサービスあり。


保険の資料請求や引っ越しの見積もり、


WEBサイトの会員登録などでも、


ポイントをもらうことができます。

 


代表的なのは、住友商事系のGポイントや、


三井物産系のネットマイルなどです。

 

何らかのサービスを申し込む際は、


こうしたポイントサイトを事前にチェックしておきましょう。

 

最近はECナビや、ライフマイルなど、


WEB検索でポイントをもらえるサービスを、


提供するポイントサイトが増えてきました。

 

ポイントサイトに、わざわざアクセスする手間はありますが、


後は、ポイントサイト内に用意された検索ボックスで、


普通に検索するだけでポイントがもらえるのです。

 


もっとも、多くのポイントサイトでは、クイズや簡単なゲームへの参加で、


ポイントがもらえるサービスを提供しています。

 

またオンラインゲーム内の仮想通貨をリアルのお店や、


通販のポイントと交換できるサービスも登場しています。

 

東京23区の街並みを再現した三次元仮想空間「meet-me」のポイントは、


ヨドバシカメラのポイントや、アマゾンギフト券などと交換できるのです。

 


食品関係では、ポイントサービスを導入する飲料メーカーも現れている。

 

日本コカ・コーラは、缶コーヒーのジョージアでポイントサービスを開始。

 

貯まったポイントで、楽天やネットマイル等のポイントが当たるくじに、


参加できます。

 

また、ダイドードリンコでは、ポイントカード対応自動販売機を設置しており、


ドリンクを1本購入するごとにポイントが貯まるシステムです。

 

そこで貯まったポイントは、景品に交換することができます。

 

買い物をしなくてもポイントが貯まる方法でした。

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ