年会費有料カードと無料カードがあるのなら、ほとんどの人は無料カードを持つのではないかについて詳しく



年会費無料カードを持つのではないかと思うのはごもっとも、


それは、自由ですが、
 

様々な雑誌のクレジットカード特集で推奨されている年会費無料の、


クレジットカードですが、ポイントを有効活用しょうと思うなら、


幅広い交換特典を可能にするクレジットカードのほとんどは、


有料のカードです。

 


クレジットカード総量規制厳格化から、


カード会社がキャッシングでの収益減少から、


一定額以上の安定収入がある優良な顧客への決済手段提供が、


事業の本質になってきた。

 

なので、クレジットカード固有の機能を使うには、


必然的に、年会費有料カードになるわけです。

 


例えば、企業提携カードでポイント還元率が優遇されているのは、


マイレージ提携カードなどカード年会費が必要なカードだけです。

 

もっとも、一部条件付きの年会費無料カードもありますが,


これは例外的でしょう。

 

2011年法制度が改正され、個人の借入に総量規制が導入された結果、


これまでよりも入会審査が厳格になる。


クレジットカード作りすぎると総量規制に抵触する恐れあり、


総量規制に引っ掛からないためにも、


年会費無料カードの作りすぎには要注意。

 

要は、カードの持つ機能に注目して、


年会費に見合ったサービスをフルに使うことが必要です。

 

ゴールドカードなどは有効なカードですが、


カードの特典を理解していないと、

単なる見栄や、宝の持ち腐れになる。

 

利用枠、ポイント付与、使い方、など細かな吟味は必要でしょう。