クレジットカードの恩恵

クレジットカードについて

2018年11月

ポイントカードのメリット、デメリット

ブログネタ
ポイントカードのメリットデメリット に参加中!

ポイントカードのメリット、デメリットあれこれ

 

ポイントカードのメリット、デメリットをまとめてみますと、


先ずメリットですが、ポイントカードのメリットは、


お客様から見れば、ポイント分の割引きを受けられますが、

 

お店側とすれば、ポイントによる割引を実施することで、


リピート客を増やして、顧客の固定化を図ることが出来ます。

 

 

即ち、常連客を持つことが出来るわけです。

 


もう一つは、会員登録をしてもらいますので、


住所、氏名、年齢などの顧客情報を得ることが出来ます。

 


その基本データ―に顧客データを重ねることで、


顧客の購入パターンや利用頻度などを、

定量的に分析ができることです。



それをもとに、ダイレクトメールを発行して、


マーケティングにつなげることが可能になるのです。


 

ポイントカードのデメリットは、顧客のデータを、


コンピューターで管理しますから、管理コストがかさみます。

 


特典を充実させれば、それだけ費用もかかり、

経営を圧迫する要因になります。

 


ポイントカードのデメリットは、

お客さんから見てのデメリットは、


ポイントの得点は商品の原価に含まれますので、


元々の商品の価格が上がることです。

 

供給側のデメリットは、

ポイント還元競争のが起こることです。


 

ライバル社が10%の還元率を15%に引き上げたら、


いやでも追随しなければなりません。

 


10%のまま営業を続けていれば、


確実にお客様を奪われてしまいます。


 

しかしこうしたポイント還元率競争は、


消耗戦以外の何物でもありません。


 

結局は、利益の吐き出しでしかありませんから、


体力を弱らせる結果に終わります。


 

こうした無用な競争から撤退する会社(ユニクロやすかいらーく)も、


現れています。



ポイントカードを続けることは、


長期間にわたって、利益の先食いをするようなもので、


意味がないと判断して撤退しています。


 

ポイントカードの発行コストを、


商品の値下げに回した方が良策と判断したようです。

クレジットカード1枚の単価(原価)はいくらかかっているのか

ブログネタ
クレジットカード1枚の単価(原価)はいくらかかっているのか に参加中!

クレジットカード1枚の単価(原価)はいくらかかっているのかについて

 


クレジットカードもたくさん発行されると、


カード1枚のコストが問題になってきます。

 


もちろん、コストが高ければ、


カード会社の収益を圧迫する要因になるからです。

 


それではカード発行にいくらかかるのでしょうか。

 

クレジットカード1枚の原価はいくらぐらいかと言えば、


発行枚数によって左右されますが、普通の磁気カードに、


カード情報を入力したものは、1枚100円ほどです。

 

ちなみに何も情報が入れていないのは、

70円ほどと言われています。


ICカードとなるとさらに高く300~500円位かかってきます。

 

磁気カードにしろ、ICカードにしろ、


このカード原価には、盗難保険料がかけられます。

 


カードが盗まれて不正に使用された場合に、


補填してくれる保険のことですが、


これはカード会社が損害保険会社と契約しているので、

損保会社に1枚ごとに保険料を払っています。

 

これも発行枚数によって左右されますが、


1枚当たりだいたい50~70円ほどかかっていると思われます。

 


又、新規会員にカードを送るのに、


配達記録郵便が使われますが、

これにも1通290円かかってきます。

 


さらに、多色刷りのカード入会申込みパンフレット、


会員募集のための人件費が、

1日あたり1万6000円ほどかかります。

 

 

このほか、キャンペーン費用、テイクアウトスタンド費用、


さらに提携カードの場合には、発行するごとに提携協力費として、


提携先企業に手数料を払わなければなりません。

 


このように1枚のカードを発行するのに、

たくさんの費用がかかっています。

 

そこでクレジットカード会社は、単に発行するだけでなく、


そのカードを日常的に使ってもらおうと、

涙ぐましい努力を続けています。

 


というのは、カードは使われて初めて生きてくるからです。

 

というのは1回の利用ごとに、

売上高の3~7%の加盟手数料が、

カード会社に入ってくるからです。



なので、使わってもらうことで、

カードビジネスが成り立つのです。

マクドナルドでは現金払いは損です

ブログネタ
マクドナルドでは現金払いは損です に参加中!
マクドナルドなどのファーストフードでは、ジェフグルメカードを活用する
マクドナルドのケータイクーポン
マクドナルドでポストペイ(後払い)型の電子マネーを使えば、クレジットカードで引き落とされる
マクドナルドでは現金払いは損です
マクドナルドかざすクーポン
マクドナルドでは現金払いは損ですよについていろいろ



マクドナルドでは、IDのマークがあるdカード(クレジット機能付き)を使うと、


全商品3%引きで買えて、dポイント(東京の一部の店舗だけ)も、


貯まるようになっています。(2016年11月現在)



dカードゴールドは年会費1万円(初年度年会費無料)で普及しています。
(2017年)



元々、マクドナルドはクレジットカードを、


使用不可にしているのですが、これは、


クレジットが使用できない分、手数料を控えて、



お客様に低価格で提供しているからです。



それと、低年齢や学生の方が多いので、


不公平にならないようにしているのですね。




マクドナルドのユーザーは、比較的低年齢の人が多いため、



クレジットカード非所持者が多く含まれていることもあって、



特に学生などに配慮して、クレジットカード非許可に、


しているのですが、しかし、


マクドナルドでは、iDとEdy、WAONが、


導入されています。


 


少しずつですが、電子マネー払いへの対応が進んできている


ファーストフード業界です。



 

とはいえ、クレジットカードも電子マネーも使えないところは、



まだまだ、たくさんあります。





そんな時に使えるのが全国共通食事券、ジェフグルメカード。





ケンタッキーフライドチキンやモスバーガー、


ガスト、リンガーハット、吉野家など


全国30,000の外食店で使うことができるのですが、


意外に知られていません。




 

このジェフグルメカードをクレジットカードで購入すれば、


カードの使えないこれらの店の支払いでも、



間接的にクレジットカードのポイントを貯めることが


できるというわけです。





ジェフグルメカードをクレジットカードで購入する方法は


いくつかありますが、一つは、


西武百貨店や、そごうの商品券売り場での購入。





もうひとつは、クラブオフでの購入です。




クラブオフは、リラックスコミュニケーションズが企業の


会員組織向けに、提供しているサービスで、



500円券を485円の割引価格で、ウェブ購入出来るんですね。





私はよく買いますよ。



ウェブ購入では1回につき50枚まで、


年間200枚まで購入できます。




送料が1回に付き390円かかりますが、


それを差し引いてもおトクです。






クラブオフは、FX業者のセントラル短資や関西電力が発行する、


はぴeカード等の、会員向けに提供されているので、



これらの会員になれば、ジェフグルメカードを


購入出来るようになります。





というわけで、クラブオフで、ジェフグルメカード500円券を


485円で購入すればいいのです。




こうすれば、安く買えて、


クレジットカード購入によるポイントも得られ、


二重におトクですね。




マクドナルドかざすクーポン
 



銀行系なら みずほマイレージクラブカード

ブログネタ
銀行系なら みずほマイレージクラブカード に参加中!

みずほマイレージクラブカードについて詳しく


みずほマイレージクラブカードは、

みずほ銀行が預金者向けに発行している年会費無料の、 

クレジット機能付きのICキャッシュカードです。



キャッシュカードでいつも問題になる盗難保険も 

キャッシュカード盗難保険とみずほダイレクト保険が付いており 

年間100万円まで保証してくれます。




そしてみずほマイレージクラブカードのセールスポイントは、


クレジット利用で貯まるポイントで受けられるサービスです。





その基本となるのが みずほマイレージクラブです。




これは給与振り込みの口座指定や 公共料金引き落としなど

みずほ銀行のサービス利用に応じてポイントが貯まるサービスで

クレジット利用でのポイントも 合わせてその合計で 預金金利が

アップしたり 住宅ローン金利がダウンしたりする。




又振込手数料も みずほ銀行本支店宛てなら 


無料になるし他行宛てなら105円の割引きになると 


いったサービスもある。



みずほマイレージクラブにご入会すると、取引条件に応じて


コンビ二ATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)


利用手数料・時間外手数料(105円または210円)が無料、


早朝も休日も すべて無料になります。



コンビ二ATM時間外手数料無料などの「うれしい特典」は、


次の「3つのお取引条件」のうち「いずれかひとつ」に


該当すれば受けられます。




公共料金クレジットカード払いなど 毎月の

みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)のご利用がある方。


各種預金などの月末合計残高が10万円以上ある方。


住宅ローンの返済口座がみずほマイレージクラブ利用口座に

登録されている方。


のいずれか一つでも該当すれば受けられます。

 

コーナンカードについて

ブログネタ
コーナンカード に参加中!

コーナンカードについて詳しく



コーナンは、関西を中心に宮城(仙台)から長崎まで、


24都道府県で展開するホームセンターです。




コーナンカードを使うと、


ホームセンター・コーナンでのクレジットカード利用で、


ポイントの付与率は、1000円につきポイント付きます。


 

ちなみに、リボ払いでの利用は6ポイント付きます。


 

又、コーナン以外ではクレジットカード利用した場合は、


1000円に付きポイントになります。

 

こちらも、リボ払いを利用することでポイントになります。



 

ちなみに、ポイント還元率は1ポイント5円ということです。



 

コーナンカードの利点は、Pーoneモール利用時や、



キャンペーンなどで獲得できるボーナスポイントもあります。



 

最低ポイントの交換は、200ポイントからになっており、



コーナン商品券と交換できます。


 


ただし、年会費は1312円かかります、初年度は無料です。



 

もっとも、年1回以上コーナンカード利用すれば、


次年度は無料になります。

 


国際ブランドはMasterCardになります。


 


ポイントの有効期間は最長2年になっています。

 

 

車を持っている人は、伊藤忠エネクスで給油すると、


ハイオク、レギュラー、軽油が、


2円/リットル引きになる特典があります。





1円でも安く入れたい方には、朗報です。


覚えておいてください。

 


又、車の故障、水回りのトラブル、医療相談など、



24時間サポートするポケット・サポート・サービスを



(年会費1890円)で行っています。



 

それから、車の緊急トラブルを全国24時間態勢で、



サポートするカーライフホットラインもあり、



こちらは、(年会費735円)となっています。



 

そのほか、購入商品安心保険というのがあり、


購入日から90日間、年間50万円まで保証される特典が付きます。




クレジットカードなので審査があります。



コーナンカードに限ったことではありませんが、


クレジットカードの特性として、


他にたくさんクレジットカードを持っている人は、


審査に通りにくいです。




 

スポンサーリンク
最新記事
タグクラウド
  • ライブドアブログ